ゴジラ・フェス2018「居酒屋ゴジラ」竹谷隆之×寺田克也レポート

東宝シネマズを背景にシンゴジラ像

もう2018年も終わりを告げようとしていますが、今年の記事は今年のうちに書いておきたいものです。ということで11月3日に行われたイベント「居酒屋ゴジラ」について超今更ながら記事を書いてみます。

上の写真はイベント会場近くにあるシン・ゴジラ像。

 

ゴジラ・フェス2018の概要

ゴジラ生誕記念 ゴジラ・フェス2018

  • 日程:2018年11月3日10:00~19:00
  • 会場:日比谷ステップ広場/日比谷ゴジラスクエア他
  • 公式サイト

どうやら11月3日はゴジラの誕生日のようで、その生誕を祝うフェスイベントがこのゴジラ・フェスということのようです。会場近くにはゴジラ・ストア出張所が登場し、限定のゴジラグッズの販売も行われていました。

屋台も出ていたり、周辺飲食店ではゴジラとのコラボメニューの販売も。

 

「居酒屋ゴジラ」竹谷隆之×寺田克也トーク

居酒屋ゴジラ2018年

私のお目当てはこちら。当日17時より、「シン・ゴジラ」のデザインを担当された竹谷隆之さんと、「ゴジラFINAL WARS」でモンスターXのデザインを担当された寺田克也さんによるトークイベントです。

企画概要

昨年大好評だった「居酒屋ゴジラ」を今年も実施!ゲストはフィギュア造形作家の竹谷隆之氏と、イラストレーターの寺田克也氏。ニッポンが世界に誇るアーティスト2名が、まさかのGフードを肴にお酒を飲みながら、ゴジラについてゆるーく濃厚なトークを繰り広げます。いつもは聞けない、あんな事やこんな事まで、お酒の力で聞けちゃうかも!?トークショーの最後は豪華景品が貰える、じゃんけん大会も実施予定。

当日はライター・編集者の岸川靖さんもゲストに登場。ゴジラ博士も合わせて壇上では5名によるトークが繰り広げられました。

因みに、写真右下にあるのは、金箔のシン・ゴジラ像初代ゴジラスーツもオープニングで登場していました。

トークの内容

トークはゆるゆると進行。

竹谷さん寺田さんの阿佐ヶ谷美術専門学校での出会いから、好きなゴジラ作品、デザインにまつわるエピソードなどが語られました。(この辺はあとで加筆しておきます)

 

ゴジラFINAL WARS

寺田克也さんがラスボスであるモンスターXのデザインをした「ゴジラFINAL WARS」の話もありました。
モンスターXのデザイン画

人型の怪獣というのがポイント。監督からは「(怪獣とゴジラで)プロレスをやりたい」という要望があったそうで、そのあたりが反映されているようです。

確かに「ゴジラFINAL WARS」を見ると分かるのですが、怪獣同士でサッカーしたりプロレスしたり、やたらと人間くささを感じるのがこの映画です。あと新人類(ミュータントだっけ)みたいな特殊部隊が宇宙人とバリバリの肉弾戦・銃撃戦を繰り広げるので、怪獣映画と思って見るとイメージ崩れるかもしれないです。

カイザーギドラのデザイン画

こちらはカイザーギドラのデザイン画。見ての通り(?)キングギドラの系譜ですね。かっこいい。

 

描き下ろしゴジラ

寺田克也さん描き下ろしゴジラ

こちらは、今回のイベントに合わせて寺田克也さんが描き下ろしたゴジラ!!

原作小説版ゴジラのオマージュということらしいです。
香山滋『怪獣ゴジラ』

多分、元の絵はこれ。違ってたらスミマセン。(三省堂古書館のブログから引用させてもらいました)

こうやって見比べると元の絵の方がパチモン感あります。香山滋さんによる『怪獣ゴジラ』ですかね。

因みにシン・ゴジラも背景は赤色だったような。ゴジラの背景は赤が似合いますね。この寺田克也さん描き下ろしゴジラはグッズ化するとかしないとか…!?

この元のカバーの本は入手困難かと思いますが、香山滋さんのゴジラは以下の本で読めるっぽいです。

ゴジラ FINAL WARS

先ほどもちらっと紹介しましたが、こちらの「ゴジラ FINAL WARS」が寺田克也さんが怪獣デザインに関わった作品。ファイナルというだけあって、ゴジラ怪獣が勢ぞろいします。

上映されたのは2004年で、シリーズ28作目。ゴジラ生誕50周年作品で、当時はゴジラシリーズの最終作と言われていました。海外版ゴジラもありましたが、この作品の次に作られたのが「シン・ゴジラ」。

同じゴジラ映画なのか?ってくらい全然違う話なのでどっちも観ましょう。

 

シン・ゴジラはAmazonプライムビデオ会員なら無料で見れました。(2018年12月31日現在)

 

今回はここまで。後でトークの内容はもう少し詳しく加筆しておこうと思いますが、ひとまずこれにて…。