3罰展再び。「Tokyo Sweet Gwendoline」2018年9月11日~30日@銀座・ヴァニラ画廊

TokyoSweetGwendolineの表紙

さて、まだ現場に行けていないのですが、銀座・ヴァニラ画廊にて開催中の「Tokyo Sweet Gwendoline」、通称3バチ展(3罰展)の画集をゲットしたので、速報的に記事を書いてみようと思います。

9月22日のトークショーに合わせて会場に行く予定なので、その後改めて記事をリライトしようかと。

 

「Tokyo Sweet Gwendoline」トーキョー・スウィート・グウェエンドリン

参加作家:空山基、Rockin’Jelly Bean、寺田克也
2018年9月11日(火)~9月30日(日)
ヴァニラ画廊 展示室AB(〒104-0061 東京都中央区銀座八丁目10番7号 東成ビル地下2F)
入場料500円(18歳未満はご入場いただけません。)
公式サイト

神をも恐れぬバチアタリ展覧会「Pussycat!kill!kill!kill!」から4年、エロティシズムのフロンティアを探究し続ける3人のマッド・アーティストが、東京発の過激かつ洗練された<エロ>をテーマに再び激しい火花を散らす!
グラマラスかつゴージャスな女性像から、コケティッシュでキュートな女性像まで、ジョン・ウィリーのボンデージ美学と奔放なエロティック表現を注ぎ込んだ『グウェンドリン』シリーズを、バチアタリな三人衆がそれぞれ独自にエンジニアリングし、さらにスケール・アップ!
時代の閉塞感を破壊する突き抜けたフェミニニティを描き続けてきたアーティストが提示する、新エロティック・ヒロイン像を是非お見逃しなく。

 

前回の3バチ展「PUSSYCAT!KILL!KILL!KILL!」については前回の記事を御覧ください。

 

展示内容

ここは、直接会場を観てから改めて記事を書こうと思います。初日に観た人の感想を聞く限りでは、前回の展示同様に、一部の過激な絵には目隠しがしてあったり、大型の作品の展示があって迫力があるとのこと。

画集を見た感じ、寺田克也さんは新作が10枚くらい?過去の作品もありますが、カラーリングを変えたり、一部描き直したものも展示されているようです。

Rockin’ Jelly Beanさん、空山基さんについては新作がどのくらいの割合なのか分かりませんが、相変わらず美麗な作品ばかりです。因みにRJBさんのInstagramでは苦労しながら作品を納めた様子が見られます。

View this post on Instagram

ああーーー終わった終わった!三罰展の製作 自分的な出来はもう全然52点くらいだけど色んな意味でこれが今の自分の限界だと思う ともかく今回のパッケージとして自分が出したい限界まで出すことできたと思う 毎日毎日「(平成最後の)俺の夏を返してくれーー!」と言いながらも、終わってみると二人の偉人と戦える機会に満ちあふれた人生の中でも素晴らしい貴重な夏であったと、おそらくどっちみち毎年机の前でジリジリとしながらも作業する方が性に合っている自分なので、こんな素晴らしい夏はないと思える次第です。 他の二人の偉人がどのように思っておられるかは勿論見当もつきませんが、自分的にはこの半年間こんなに楽しいプレッシャーを経験できたことはとても貴重な経験であり自分も見つめれる素晴らしい機会だった 思ったことの半分も出来てないが、この三者のコントラストを見るだけでもかなり面白いと思います、入場料(500円!)もあり18禁ではあるけど銀座で11日から29日までやっています、(18才未満の)気になるキッズは大人っぽい格好で是非観に来て! 俺は誰に恥ずかしくない罰当たりな絵ばかりを描来ましたた!!! 見て感じて!!! いやほんとは暖めていた1/10のネタも出来なかったけど… ま、見てみて!

A post shared by RockinJelly Bean (@rockinjellybean) on

 

寺田克也さんの作品

色々と見どころはありますが、変わり種としては、段ボール素材の支持体に描かれた大作「OMI観音」でしょうか。これは、OMI化郎GIBSON(おみけろうぎぶそん)さんというコスプレイヤー(というより特殊コスチュームモデルみたいな言い方の方が個人的にしっくりきます)が、2016年に原宿のSTUDIO ans SPACE IVVAというところで生前追悼展(略してOMIbute展)をやっていまして。

様々なジャンルのアーティスト32名が作品を展示していたのですが、そこに寺田克也さんが出していた絵が、その段ボール素材の大作。今回の3バチ展で販売もされているようですよ。

OMIbute展公式Facebookページ

 

余談ですが、寺田克也さんがデザインを手がけたコスチュームを実際に作って、OMI化郎GIBSONさんが着用した写真が過去に雑誌で紹介されたりもしています。OMIさんの写真は寺田さんが描いた女の子が三次元に登場してきたようなものが多くて、相性がいい感じします。一体何者なんだろう…。

OMI化郎GIBSONの写真

寺田克也さんデザインのコスチュームを着たOMI化郎GIBSONさん

『smart特別編集 シルバーアクセ最強読本29』より

 

 

画集

前回の3バチ展同様、展示内容をまとめた画集も販売されています。

前回の画集と違うのは、展示のコンセプトであるジョン・ウィリーの『Sweet Gwendoline』シリーズに関する編集部の解説が巻末についていること。4ページ分、細かく解説されています。かなりマニアックな内容なので、これを読めば責め絵やSMについて知ったかぶれるかも。

会場限定かと思いますが、Tシャツ(画集の表紙の絵がプリントされてます)とセットの画集を買うと割安。3名のサイン本が大量に積まれてるそうですが、会期終了まで残ってるかわからないので、会場に行ける方は早めに確保することをお勧めします。

因みにSNSで色んな人がサイン本をUPしてるんですが、ものによってサインの形状が違うみたいです。特にRJBさんのサインが複数パターンあるし、中には空山さんのサインが抜けてる本もあるとか…?自分の好みのものを探してみるのもアリかも。

TokyoSweetGwendolineのサイン

画集『Tokyo Sweet Gwendoline』のサイン本

 

↑こんなに画集あったらサインも追い付かなくなりますな。

 

 

画集の絵がプリントされたTシャツ以外に、会場で寺田さんの絵をプリントしたTシャツも販売中のようです。

View this post on Instagram

3バチ展会場限定Tシャツ作りましたー! 以下、ギャラリーからの詳細です。 「Tokyo Sweet Gwendoline」~3バチ展Vol.2~ 空山基×Rockin'Jelly Bean×寺田克也 2018年9月11日(火)~9月30日(日) 展示室AB 入場料500円(18歳未満はご入場いただけません。) 神をも恐れぬバチアタリ展覧会「Pussycat!kill!kill!kill!」から4年、エロティシズムのフロンティアを探究し続ける3人のマッド・アーティストが、東京発の過激かつ洗練された<エロ>をテーマに再び激しい火花を散らす! グラマラスかつゴージャスな女性像から、コケティッシュでキュートな女性像まで、ジョン・ウィリーのボンデージ美学と奔放なエロティック表現を注ぎ込んだ『グウェンドリン』シリーズを、バチアタリな三人衆がそれぞれ独自にエンジニアリングし、さらにスケール・アップ! 時代の閉塞感を破壊する突き抜けたフェミニニティを描き続けてきたアーティストが提示する、新エロティック・ヒロイン像を是非お見逃しなく。 Hajime Sorayama,Rockin'Jelly Bean and Katsuya Terada Three groups exhibition「Tokyo Sweet Gwendoline」~ 3バチ展 Vol.2 ~ 2018.9.11 (Tue)~9.30(Sun) at VANILLAGALLERY #hajimesorayama #rockinjellybean #katsuyaterada #vanillagallery #寺田克也 #空山基 #ロッキンジェリービーン #ヴァニラ画廊 #tシャツ #tシャツデザイン

A post shared by SHOPyonpo (@shopyonpo) on

 

という訳で、展示を観てもいないのに記事にしてみました。

トークショーが終わったらこの記事を上書きしようと思うので、興味がある方はまた来てください。