『寺田克也原寸』寺田克也さんのドローイングを収録した画集、発売。

2019年4月17日、寺田克也さんの画集が新発売!その名も『寺田克也原寸』!!

数えてみたのですが、他の作家さんとのコラボ画集『TOKYO SWEET GWENDOLINE』(2018/9/21)、『寺田克也+キム・ジョンギ イラスト集』(2017/3/21)や、単行本『絵を描いて生きていく方法?』(2015/10/23)などはあったものの、純粋な個人の画集としては『DRAGON GIRL & MONKEY KING』(2014/12/6)以来となります。実に4年以上の月日が経っています!

久しぶりに嬉しいニュースですね。

 

『寺田克也原寸』概要

画集『寺田克也原寸』の表紙

ライブドローイングの先駆者
寺田克也の魅力を原寸で味わう!
いまや国内のみならず海外でも毎年個展を開催し、幅広い活躍を見せるイラストレーター・マンガ家寺田克也。個展用やライブドローイングで披露してきたパーソナルな絵を完全収録し、原寸サイズでも多数掲載。筆致のにじみやかすれまでも目で追える至高の一冊!

 

画集のテーマは「ドローイング」

寺田克也さんのTwitterアカウントによれば、ここ10年ほどの、マーカーで描いたドローイング作品を収録した画集とのこと。

リアルサイズだと90㎝×180㎝の絵を、その16%のサイズに縮小して掲載。「えっ、原寸じゃないやんけ…」と思ったそこのあなた、ご安心ください。トリミングして100%の原寸表示もちゃんと掲載されているそうですよ。(バロン吉元さんの画集『男爵』もそんな感じでしたね)

多分、ポートランドの個展辺りからの作品がドドドッと収録されるのではないでしょうか。

 

寺田克也さんのコメント

主に線画の大判の絵を中心に掲載してます。ライブドローイングというよりは公開制作のスタイルです。制作時間は2時間から4日間くらいの幅があります。消しゴムかけるのがめんどくさいので下描きはなしです。画材もいちいち準備するのがめんどくさいのでマーカーです。ゼブラの水性顔料系マーカー紙用マッキーを使用してます。ほとんどの絵は描きながらなにを描くか探り探り。描き上がるまでじぶんでもなに描いてるのかわかってないです。おたのしみに。

CINRA.NETの記事より引用

 

装丁は祖父江慎さん。『ラクガキング』以来のコラボ

画集『寺田克也原寸』の装丁は、祖父江慎さん有限会社コズフィッシュが手掛けているそうな。

 

印刷の様子

知らない方のためにざっくり解説させていただきます。印刷用のインクはC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(黒)の4色あるのですが、それぞれのインクを0~100%の分量で組み合わせて乗せることで、様々な色を作り出している訳ですね。

単にKのインクだけを使うのは「スミベタ」などと呼ばれるそうです。それに対し、Kの他にCMYの色を乗せることで「リッチブラック」と呼ばれる、深みのある黒色が作り出せます。

そして4色のインクが多すぎると、インクが乾ききらずに前後のページがくっついてしまう事態になることも。この「インキ盛り盛りの真っ黒」には、そういった手間を乗り越えてでも、黒色に拘りたいというスタッフの熱意が感じられるということですね!(多分)

因みに私も昔、趣味で印刷物を作っていたのですが、このインク量のバランスを理解しておらず、印刷会社の人にご迷惑を掛けたことがあります…。

『寺田克也原寸』を読む時は、黒色の深みに注目ですね。

 

この写真だけ見ても何が違うのやら…現物見れば違いが分かるのでしょうか。

プロの世界ですねこういうの良いですねすごいですね。

 

動画で画集をチラ見しましょう

パイインターナショナルによる公式Youtube動画。

ホラ見てくださいこれ!パラパラパラっとめくるのが勿体ない!1ページずつ吟味してください!

そして動画の最終部、カバーを外して背表紙を…ダメです、これ以上は興奮しすぎて言えません。動画を見てください。いや、実物を買って見てください。

 

トークイベント「原寸 寺田克也x祖父江慎」

新宿ロフトプラスワンにて、4月29日に画集発売記念イベントが開催されます。寺田克也さんと、装丁に関わった祖父江慎さんのトークという感じでしょうか。

ゼブラ株式会社が「協力」として名前を出していますが、これは寺田さんが大型のドローイング作品を描く際にいつも使っておられる水性顔料マッキー絡みかと思います。イベントの内容にゼブラがどう関わるのかは、不明。

イベント公式サイト

 

『寺田克也原寸』購入はこちら

現物が手に入ったら、また記事更新します。とりあえず今日はここまで!